隼lab

インタビューINTERVIEW

2018.06.22 Fri UPDATE

高濱 怜ヴォール 代表

「誰かの相談者になりたい。」

ITの世界から飛び出して、子供に向けての事業展開も考える

子供の頃買ってもらって夢中になったパソコンの世界。「好き」の思いが仕事に繋がり、この度IT関連の事業で起業されました。隼Labで起業第二号です。

今後はITはもちろん、子供達を対象としたプログラミングやビジョントレーニングなど幅広く事業展開をお考えの高濱さんにお話を伺いました。

co-ba hayabusa(以下co-ba)本日はよろしくお願いします。

高濱さん(以下 高濱):ヴォールの高濱 怜です。よろしくお願いします!

出来ることがあるなら、サポートしたい。

組織で感じた難しさと、「身近な相談者になりたい」という気持ち

co-baなぜ、起業しようと思われたんですか?起業は、ずっと考えていましたか?

 

高濱

起業自体はそんな前からじゃないです

元々、ITの仕事をしていましたが、会社では出来ることに制限もある。でも、IT関連に詳しい人がいない中小企業や私みたいに創業間もない個人事業主の方々は、IT関連の相談先がなくて困られることがあるんですよね。

 

co-baわかります。私もその一人です(笑)

 

高濱そんな方の身近な相談先になれたらと思って、起業しました。

どんな小さな事でもいいから、わからない事で悩んでいる人をサポートできたらなと思ってます。

 

co-ba今はメインでどんなことをされているんですか?

 

高濱今は、ホームページの作成だったり、在庫管理のシステム開発、アイパットを使ったポスレジの導入のサポートをしています。ポスレジは今後の消費税の変動に対応したレジで、導入したらランニングコストもかからず、売り上げなども管理でき、さらに補助金も出るのでオススメです。まだご存知無い方も多いのですが、補助金が出る間に導入されたらいいと思うので、補助金の申請の書き方などもサポートさせていただきます。

お客さんによって、欲しいサポートは違うので、その方に合わせた内容で提供できたらと思っています。

co-ba補助金の申請方法まで教えてくださるんですか?

 

高濱そうですね。そういった部分でも分からない方も多いのでお手伝いできたらしたいです。

ここまでが仕事、これ以上は違う。そう線引きがないので、その方の求めるものに応じて対応させていただきます。

co-ba元々、パソコンは得意だったんですか?

 

高濱意というより好きでしたね。小学生の頃、ファミコンはダメだと言って買ってもらえなかったんですが、パソコンならいいと言って買ってもらって。パソコンに打ち込んだりするゲームが楽しかったですね。そこがきっかけですね。

 

co-ba今だと小学生でも当たり前になってきてますが、高濱さんの頃だと早いですよね!?

 

高濱そうですね。早かったと思います。高校生の頃はさすがに、パソコンばっかやっちゃうんで勉強しなくなっちゃうから片付けてましたが(笑)それ以外はしてましたねー。

 

co-ba好きがずっと続いて、お仕事に繋がったんですね!

他にも事業として考えておられることはありますか?

 

高濱そうですね。他には子供達を対象としたプログラミング教育やビジョントレーニングという視覚トレーニングにも興味があるので、今後していけたらと計画しています。

考えすぎない。まずはやってみる。

co-ba起業することに対して、不安はありましたか?

 

高濱特に不安はありませんでしたね。今やろうと思ったらすぐですね。考えすぎると動けなくなっちゃうので、まず動いてみる。動いてから考えます(笑)やってみないと分からないですから。

 

co-ba起業された方、みなさんそう言われていますね!まずはやってみないと分からないよって。その一歩が私には凄い事に感じてしまいます。

ここ(co-ba hayabusa)はどう見つけられたんですか?

 

高濱隼Lab.ができるずっと前から興味がありましたね。ここにどんなものができて、どんな企業が入るんだろうと。起業を考えるよりずっと前です。説明会にも参加して話を聞いたりしてました。なんか面白いものができるぞと(笑)

その後起業を考えるようになった時に、ここ(co-ba hayabusa)いいじゃないかと思って入居を考えました。

(co-ba hayabusa ここで普段お仕事されています)

 

co-ba決めてはやっぱり、Wi-Fiやコピー機があるといったコワーキングスペースならではの部分ですか?

 

高濱そうですね。本当にいいです。

仕事自体はホームページ制作やシステム開発なので自宅で行うこともできるんですが、やっぱり自宅だとね。仕事とプライベートの区切りをつけることが難しくなってしまうので。メリハリがね、なくなっちゃって。どこかに出てやった方がいいなと思ってる時に、コワーキングスペース、いい!と(笑)

 

co-ba実際はどうですか?はかどりますか?

 

高濱いいですねー。Wi-Fiはあるし、コピー機はあるし、一階にはカフェもあるし。はかどりますね!家にいると子供も「遊んで!」って言うしね(笑)

24時間使えるし、本当に便利ですよね。

いろいろな方との繋がり。そこから新たな出会いも魅力の一つ。

co-baここでどういった出会いを求めていますか?

 

高濱そうですね。もちろん、仕事に直結する出会いがあれば一番嬉しいですが(笑)

でも、そうじゃなくてもいろいろな人と出会って、他の人の話を聞くだけでも楽しいですよね。

それに、ラボで開催されているイベントには興味ありますね。イベントに参加する機会が増え、そこで知り合えた方もいます。今後も、イベントに参加される方々やラボの入居企業の方々とも交流できると嬉しいですね。

サポートしたいのは大人だけじゃない。

これからを担う子供達にとって必要と感じることをしていきたい

co-ba今後していきたいと考えておられることはなんですか?

先ほど、ビジョントレーニングと言われていましたが、それはどういったことですか?

 

高濱そうですね。今の仕事はもちろんですが、今後はプログラミング教育やビジョントレーニングを子供達に広めたいと思っています。ビジョントレーニングというのは、よく動体視力ってスポーツ選手とかに聞かれると思うんですけど、決してスポーツ選手だけでなくて。

目を鍛えるトレーニングをすることでスポーツの上達にも繋がるし、あと学校とかで黒板を目で追う動作も早くなったり、速読みたいに本を読むことも早くなるそうです。学力向上も見込めるとも言われています。

テレビでこういうトレーニングがあるって知って、学んでみたいなと思いましたね。

自分では気づいていないけど、本当は読む力とか弱い子もいるかもしれない。障害があるとかないとかじゃなくて、なくてもトレーニングをすることでプラスになることが多いなら教えてあげたいなと思いました。

 

co-ba動体視力はスポーツ選手にはよく聞いていましたが、ビジョントレーニングという言葉は初めて聞きました。速読とか子供だけじゃなくて私たちもできるようになったら、仕事もそうだし本を読むのも楽しくなりそうですね!

プログラミングは、私が子供の時からあったらよかったのになって思います。もっとパソコンが好きになってたかも(笑)子供はパソコンやiPadを触るの好きなので、楽しく遊んでいるみたいに学べたらいいですよね!

 

高濱今後、小学校でプログラミング教育も必修化になるので、楽しく学べたらいいですよね。

パソコンを使ってゲームを作ってみる体験とかロボットをプログラミングして動かしてみる体験をしてみてほしいと思ってます。

 

co-baロボットとか楽しそうですね!子供絶対好きです!

 

高濱ロボットね、面白いですよ!センサーの取り付け位置でセンサーの値が変化する分、なかなか思うようにいかなくてね。難しい!でも、自分で出来た時の喜びも大きいです!

子供も絶対楽しいですけど、大人も夢中になります(笑)

 

co-ba楽しそうですね!達成感を子供達と一緒に味わいたいですね。

ぜひ、隼Labでもやりましょう!

 

『誰かの手助けがしたい』そのお気持ちが高濱さんの言葉からすごく伝わってきました。

IT関連で困っている方はもちろんですが、特に、これからを担っていく『子供達』をサポートしてあげたい!というお考えが印象的でした。

 

記事:藤田芳美

写真:山村俊太

 

高濱怜:1978年生まれ、八頭町出身。大学の情報工学科にてAIの基礎技術であるディープラーニング(畳み込みニューラルネットワーク)を専攻。卒業後はシステムエンジニアとして携帯電話開発、業務システム開発、ホームページ制作等、様々な分野の開発業務に従事。中小企業でのシステム管理者経験が契機となり、ITサポート事業展開のため独立。一男一女の父でもあることから、将来、子どもたちが生きやすくなるためにITを活用した教育分野の取組みも計画中。

 

HPhttps://wohl-yz.net