隼lab

ニュースNEWS RELEASE

2018.02.17 Sat

隼Lab.でカッチャマンを囲む会

LOVEコネクター、画家など様々な活動をするカッチャマンこと勝屋久氏をゲストに迎え、“隼Lab.で『カッチャマン』を囲む会”がCafé&Dining SANを会場として開催されました。(主催:カッチャマンを囲む会実行委員会)

 

カッチャマンは
「自分をつくるチャレンジ」「自分の生き方そのものを職業にするチャレンジ」「作品をつくるチャレンジ」
「最高の夫婦をつくるチャレンジ」 に只今チャレンジ中!
ここ隼Lab.も、新たなチャレンジを生み出す起業家や企業などが、地域課題の解決・新たな産業を生み出す場として、チャレンジを始めたばかりです。

 

講演には熱いメッセージがたくさん込められていました。
現在はお金や権力ではなく、楽しさ・歓びがものごとを動かす時代であり、
幸せに対する価値観が多様化し、ひとり一人違った「人間力」をつける時代。
自分らしく生きるとは「自分軸を育てながら、社会と関わる」こと。
なんでもかんでも社会・市場などの他人軸に翻弄されず、自分で決めることを意識する。
まず自分自身がワクワクすることが大切ですね。

そしてチャレンジする人へ
「自分の欲求、興味、好奇心を探ろう!」「自分を観る!」「お金は愛を生み出せる道具である!」
「本音が話せる環境(仲間)をつくろう!」 などのメッセージをいただきました。

 

「想定内の人生から想定外のワクワク人生へ」
隼Lab.もワクワクする未来へ挑戦していきます。そして、起業家・企業・地域の皆さまのワクワクする人生を応援していきます。

聞くのではなく「感じる」、熱く、LOVEな会となりました!

■ゲスト:勝屋 久 氏
1962年 東京生まれ。上智大学理工学部数学科卒業後、日本IBMにて25年間勤務。2000年IBM Venture Capital Group パートナー日本代表、経済産業省IPA 未踏IT人材発掘・育成事業 プロジェクトマネージャーなどを経て、2010年8月に独立。『心でつながる場を創り、人の輝きを呼び覚ますお手伝い』をコンセプトに生き方そのものを職業として活動開始。投資家としてメンターとして今までに10,000人以上の経営者と会い、上場会社社長にも友達多数。