隼lab

ニュースNEWS RELEASE

2019.05.11 Sat

隼Life School、レザークラフトコースが始まりました!

“大人の趣味を楽しむ”をコンセプトに始まる新企画、隼Life School。

初回は「レザークラフトコース」と「こだわりコーヒーコース」の2コースの開催ですが、先にレザークラフトコースが本日から始まりました!

 

受講者同士の自己紹介を終えて、まずは座学。

講師を務める渋谷カバンの渋谷さんの紹介から始まり、皮が革になるまでの工程や、実物に触れながら革の種類の違い、加工による違いなどを学びます。

知っているようで知らない“革”のお話に、早速受講者さんたちの中からも質問が出てきました。

 

座学は、毎回30分程度。少しずつ知識を得ながら、あとは実際のつくる作業です。

第一回でつくるのは、ペンケースorメガネケース。どちらかを決めたら、次は革選びです。

それぞれ、サンプルと革を照らし合わせながら「もう決めた!」という人も、じっくり悩む人も。

 

実際に革を扱う前に大事なのが、型を作る作業です。隼Life Schoolでは、全4回を通して「用意されたキット」を使うのではなく、ゼロから体験することを大事にしています。渋谷さんも、普段の1日限りのワークショップでは、あらかじめ型通り裁断したものを使うことも多いそうですが、今回は受講者さんがそれぞれ、型を作るところからのスタートです。

 

途中、難しい作業は講師の手も借りながら。でも「難しさ」もまた、体験のうちです。

 

気づくと皆さん、手元に集中してシーンとそれぞれの「つくる」時間を楽しんでおられました。

全4回ある隼LifeSchoolでは、じっくり時間をかけて進めます。今日はここまで、という講師の渋谷さんの声で、第一回が終わりました。

制作途中の作品は、次回まで隼Lab.でお預かりします。受講生の皆さん、第一回お疲れ様でした!